2020年5月6日水曜日

掘り出しスプーン作成

今年のGWはコロナの影響で帰省せず、ずっと自宅にこもっております。
クワガタルームの整理をするのに良い機会だと思っていましたが、
なぜかダラダラしてあまり進んでいません・・。
  (最終日なので、今日は頑張ります(笑)



まずは近況です。

19年シーズンの幼虫は、例年通り暴れる個体が多く出ており、
小さい幼虫は放置、大きな幼虫は諦めずに4本目、5本目に交換しています。

暴れの割合、ざっと3割程度でしょうか・・・・
最終ボトルを12月交換にしていた頃よりは、少しマシになりました。

ブリードルームから嫌なガリガリ音が聞こえなくなってきたので、
早いのはそろそろ蛹化が始まっているようです。

狙った時期より少し遅くなりますが、6月中旬頃が羽化ピークになりそうですね。




20年シーズンブリードは、ペアリングがまだ少し残っていますが、
終わったメスから随時産卵セットに入れ始めています。

種♂2枚看板の 89.6mm 89.4mm は、2頭とも種確認が済んでおり、
メス扱いも上手そうなので、種付けは成功していると思います。

ペアリング後、メスの活性も高く、餌も沢山食べていますので、
採卵に苦労することはなさそうです・・・・・

さあ、どうでしょうか・・??


産卵材については、カビをあまり気にしない方なので、
今年もホダ木や山から拾ってきた朽ち木をメインにしています。

ただ、カビるよりカビない方がマシだと思うので、
先輩ブリーダー様からの勧めもあり、新たに植菌カワラ材も試しています。

今年入手した植菌材は大変綺麗な材でしたし、手間を考えるとそれほど
高価なものでもないので、成績が良ければ来年もっと増やすかもしれません。





能勢ばかりでなく、香川産の方も少なめですが継続しております。

今回は♂の画像を撮ってなかったので、ご紹介します。




1頭目 HM-1804ライン 76.4mm
サイズは大きくありませんが、顎が細長くシャープな個体です。










2頭目 HO-1801ライン 77.7mm
香川産としては大型の部類で、顎は太めで綺麗な弧を描いています。


こっちの方が、おそらく オオクワガタらしい形状 だと思いますが、
個人的には1頭目の方が好みです。

こう見ると個体差があり面白いですね。

ちなみに、HMもHOも距離は少し離れていますが、同じ綾川町産です。

自己採集からの個体なので、香川産も出来るだけ長く続けたいと思います。








あとは、あまりネタが無いので、表題の件。

以前も記事にした事がありますが、愛用の掘り出しスプーンをご紹介致します。


昨年長年愛用していたスプーンを無くしてしまい、
再度作成した時のものです。
 (製作といっても柄を付けるだけですが・・・(笑)

材料は、マドラースプーンとヤスリ用の柄、接着剤などです。





まず、一番大事なマドラースプーンですが、
今回はアマゾンでこちら ↓ を入手しました。

       


以前の製品(直径約5.0mm)より太く、直径約5.4mmあります。

同じアマゾンのベストセラー1位で、柳宗理さんで同じような製品がありますが、
この製品より細く(約5.0mm)やや弱いので、Lindexの方をお勧めします。

直径にして僅か0.4mmの差ですが、使用感は全く違います!







取り付ける柄の部分は、ヤスリ用の柄 ↓ を利用します。




ネットでは、差し込む穴の径を記載している商品が無いので、
可能なら、ホームセンターに行って直接試してみるのが良いと思います。

木製の方が穴さえ合えば簡単で、しっかり固定できるためお勧めです!

穴は多少きつくても、ドリルや細ヤスリで調整すれば大丈夫です。




樹脂製のものは握り心地は最高ですが、接着剤が効きにくいので要注意です!

今回はこちら↓を使用しまして、後述する方法で固定すれば大丈夫そうでした。

     






接着剤は耐衝撃性のあるものが良いと思います。

特に樹脂製グリップの方は変形しますので、弾性があるものでないとダメです。


材料は以上で、
あとは、好みの長さにグラインダー等でカットして接着するだけです。






今回は、1400ボトルの対角位の長さにしてみました。


樹脂製グリップの場合は、差込穴が短いためそのまま使用するとすぐに抜けてしまい、
穴を延長する必要があります。

ドリルでも良いですが、今回は簡単でピッタリなじむよう
熱で溶かす方法で延長してみました。

マドラーをカットする際に、グラインダで少しテーパー加工し、差し込みやすくします。



この際、摩擦でかなり熱くなると思いますので、
その状態で樹脂グリップに強く差し込み、溶かす事で穴を奥まで延長します。

20mm位は延長したいので、最初カットする際はその分長めに切って
調整しておく必要があります。





あとは、一旦抜いて接着すれば 完成 です!

接着剤の硬化時間は説明書以上に十分取って下さい。

お好みでスプーンの先端を少し薄く削ると、
ボトルと菌糸の隙間にスパッと入るようになります。


ブリードで最も使用頻度が高いものだと思いますので、
まだ良いツールが見つからないという方は、是非チャレンジしてみて下さい!








2020年3月11日水曜日

栗林公園のライトアップ

新型コロナの影響でイベントが中止になる中、中止直前に入る事が出来ました。

チームラボによる 栗林公園のライトアップイベント


ちょっと、えげつない色ですが・・・・(笑




一昨年、高知城でも同様のイベントがありましたが、今回の方がずっと綺麗でした。

やはり池がポイントで、水面に映す事でその効果が倍増するようですね。




栗林公園からは周辺のビルが見えにくく、BGMの効果音もあってか、
どこか異空間に入ったような感覚に陥る程でした。


























写真は、カメラを落とし、レンズを壊したため少しボケていますが、
手持ちで夜景をそれなりに撮影出来るようになるとは、技術の進歩は素晴らしいです。

今後もどこかで同様のイベントがあると思いますが、
特に、池のある公園などでは見応えがあると思いますので、お勧めです。













さて、クワガタの方ですが、

1月中旬から2月上旬にかけて、奈良・京都方面出張であったため、
ボトル交換が遅れていましたが、何とか完了しております。

出張先は、結構山沿いの場所で、周辺はオオクワガタの生息条件が揃っており、
仕事しながらも、ちょっと気になる場所があちこちにありました(笑

まだまだこういった環境も残っているんだと、少し嬉しい気持ちで香川に戻ったところです。



肝心の幼虫体重なんですが、詳しい結果は管理表をご覧に頂くとして、
全体として昨年よりやや控えめで、極端に小さいオスも結構出ています・・

それでも、ラインによっては40g前後の元気そうな幼虫もそこそこ出ていますので、
まあ、それなりに楽しめそうです。

1905ラインが最も体重が乗っていますが、
個人的には1904ライン(90.0mmSG1×1823早期)の経過が良く期待しています。

さて、結果はどうでしょうか・・・・??

昨年は大型幼虫の多くをセミにしてしまいましたので、鬼門の最終ボトル
しっかり管理したいと思います。




虫の写真も無いと寂しいので、1頭だけ・・・






2月20日羽化、SR1906ライン(89.5mm(SG1)×52.7mm(1804))です。
6/1投入 
9/15交換 36g 
11/16交換 34g
顎は比較的素直で、形状も整った個体です。


羽化後26℃環境で、もうすぐ3週間が経とうという頃で サイズは83mm後半
最終83mmくらいで落ち着くでしょうか・・・

ただこの個体、写真では少し分かりずらいですが、なかなか黒くならないんです。

頭部はまだ少し赤みがかったままで、お腹もまだまだです。




以前、自然下で赤い個体を採集した事がありましたが、
その時は、羽化時期の温度が低い事が影響しているのでは?
と勝手に推察していました。
  リンク→ 赤いオオクワガタ


この個体は、11月の交換時にスイッチが入ったと思われ、その後のブリードルームは
まさに冬温度の時期です。

やはり、

蛹化前から羽化までの間の「ある期間」又は「全期間」が低温の場合、
赤みが強い個体になる場合があるのでは? 

という思いを強く持ちました。


改めて検証するつもりはありませんが、ちょっと興味深いですね。



ちなみに、
自然下で採集した赤い個体の仔は、
遺伝して 赤い血統 になるかと大いに期待してブリードしました。

もちろん通常の温度帯で飼育し、羽化させたのですが、

結果は・・・

残念!! 

翌年の記事でもご紹介しましたが、
やっぱり、真っ黒な個体 が羽化しました(笑





2020年1月5日日曜日

やっと2019シーズン管理表をアップしました。

あけましておめでとうございます。

最近は体調も戻り、クワ作業も普通に出来るようになりましたので、
今年もよろしくお願い致します。

お正月は実家の高知に里帰りし、初詣の後は、元旦早々から営業している
近くの水族館へ行ってきました。


外観です。 

水族館っぽくないでしょう?!


そう、廃校した小学校の校舎を利用した水族館なんです。



これ自販機の背面です。


地元の定置網に掛かった魚をメインに展示していますので、
特別に珍しい生き物が居るわけでは無いですが、展示が工夫されていて
案外楽しめました。


剥くのが面倒ですが、味は美味しいアサヒガニ

伊勢エビやヒトデは入っていました。



ちゃんとした展示水槽ももちろんあります。



ウミガメ君はお昼寝中!


プールはサメとウミガメの水槽になっていました。


大人は魚より校舎自体を懐かしんで楽しんでいる感じです。

教室の机や椅子、理科室の模型、音楽室の足踏みオルガンなど・・・・

座ったり、楽器を演奏したり、昔にタイムスリップした気持ちになり、
はしゃいでおりました(笑





高知県東部は観光スポットが少ないので、頑張って続けて欲しいですね。

近くの海岸にある夫婦岩








さて、長くサボっていた ブログ更新。

この休みにやっと重い腰を上げ、ようやく2019年シーズンの管理表をアップしました。

取り立ててすごい体重のラインが出た訳ではないのですが、
ずっと続けていますので・・・





今シーズンは、幼虫採りに苦戦しました。

特に2年目のオスを使用したラインで採卵数が少なく、粘って採っています。


又、毎年の事ですが、産卵せずに寝てしまう早期メスも1~2頭いまして、
そんなラインに限って一番欲しかったラインだったりします。

早期メスは寝かさないよう、温度管理には気を付けないといけませんね。

セットしたまま放ったらかしにしていると、8月末に産卵したようで、
9月に初令幼虫が出てきました。



ほとんど処分しましたが、数頭は実験的に常温管理で飼育しています。





エアコン組は、交換タイミングを失敗した点を反省していますが、
とんでもない大失敗は無く、すでに2本目、一部3本目へ交換しています。

幼虫頭幅はここ最近で最も良く、14mm台後半のも出ています。

一方、体重はそれほどでも無く、昨年並みといったところでしょうか・・・


最大は、一部3本目交換した中からこちら



N1921ライン(89.4mm×52.2mm)から47.3g


メスの系統が 体重乗る系 なので納得ですが、羽化は無理でしょう。



近頃は幼虫体重だけでは優劣が付けにくくなっていますので、
早期の仕込みは迷いますねー

一応、20頭近くは仕込みましたが、概ね羽化しているようです。

さすがにこれだけ続けているとコツも掴み、ほとんど失敗しなくなりました。

一気に温度上げるので無く、2~3段階に分けて上げると良いようですね。





あとは、いよいよ来週末から羽化ボトル用の菌糸詰めが始まりますが、
1月中旬から2月末まで、仕事で京都出張が決まりました。

ちょうどボトル交換の日程と重なりますので、つらいところです。

何とか日曜日は帰ろうと思いますが、忙しい現場の応援なのでどうでしょうか・・・

苦手の羽化ボトルですので、タイミングをずらさないよう頑張ってみます。




2019年9月1日日曜日

2018シーズン羽化状況

もうだいぶ過ぎてしまいましたが、今年もお盆は実家に帰省してきました。

あいにくの台風で海も荒れており、ほとんど何も出来ませんでしたが・・・

唯一遊んだのは、川でいつものエビ採りです。


子供達も大きくなり、腕前もかなり上達したようで、大漁でした。



早速、大きいのは、パエリア風エビピラフ?↓ 




小さいのは 素揚げにして、塩をパラパラして美味しくいただきました。

これはビールのアテに最高なんですが、
お医者様から禁酒令が出ていますので、我慢、我慢・・・・・トホホ

体調は回復してきたのですが、禁酒 が一番キツいですね(笑








さて、最近は、入院で遅れていたクワ作業にせっせと励んでおります。

2018シーズンの羽化状況も概ね確認完了し、管理表(右側リンク先参照)も
ほとんど埋まって来ました。

残る空欄はセミなのでダメだと思います・・・。



前回お伝えしたとおり、大型の種親を使った割に特大個体は羽化せず、
個人的には不本意な結果となりました。

普段めったに★にならない香川産でも多くの★が出た事や、
サイズが伸びていない事が、ブリード全体の失敗を物語っています。

特に 不全・死亡率 は過去に経験したことがない高さでした。






そんな中で、比較的成績の良かったラインは

SR1809ライン ♂90.0mm(2016 SG1)×♀53.4mm(SR1727 早期)と

SR1824ライン ♂90.0mm(shima 2016ビークワレコード)×♀52.0mm(SR1706早期)

でしょうか。



SR1809ラインは、SG1の90mmを使ったラインで、還元率が良く、
♂♀共アベレージが良いですが、上翅にシワが入る個体がいくつか出ました。



ライン最大はこの個体  ↓ ですが、残念ながらシワシワの訳有個体です・・・

SR1809-16 89.0mm シワ有

35.7gからの羽化でアゴが立派なんですが、上翅のシワは好きではありませんので、
種親からは外れることになります。

他に  88mm台が2頭87mm台も2頭 羽化しました。

このラインは全体的に顎が立派な個体が多かったです。









もう一方の、SR1824ラインですが、
こちらは対照的に綺麗な個体が多かったです。

ライン最大はこちらです。

SR1824-24 89.4mm

若干翅ズレがあるので、89.4mm表記にしました。






40.4gからの羽化で、バランスの良い形状だと思います。
来期の種親にする予定です。



このラインも他に 88mm台が2頭 と、86mm台が3頭 羽化しており、
アベレージは良好です。


又、同腹のB品でこの個体 も種親として確保する予定です。


SR1824-8 90.0mmB

上翅が浮き上がり、右下翅が出た羽化不全ですが、
頭部からアゴに掛けては綺麗な個体だったので、ちょっと期待しています。


今年の羽化不全の特徴としては、こんな感じで下翅が収まらない個体が多かったです。

これは遺伝的なものか、羽化環境なのか、このB品のブリードで少し分かれば・・・
とも思っています。


以上が成績優秀だった2つのラインです。











上記以外で種親として残すオスが、まだ2頭居ますので載せておきます。

まず1頭目、

SR1814ライン ♂89.5mm(2016 SG1)×♀51.2mm(SR1706 早期)から



SR1814-7  88.9mm




SG1の89.5mmを父に持ち、親譲りでディンプル少なめで綺麗な個体です。
サイズは他に少し劣りますが、一応候補に残しました。










最後、もう1頭も同じく  SG1の89.5mm  の子

SR1812ライン ♂89.5mm(2016 SG1)×♀53.6mm(SR1701 早期)から

一番期待している個体をご紹介します。

SR1812-8  89.6mm

最終38.6gからの羽化です。

撮影前に、勢いよく空鋏みして右アゴ先端が欠けてしまいましたが、
長い方のアゴだったので何とかギリギリ89.6mmキープです。










これぞオオクワといった迫力がある個体ではなく、アゴも体も細身で薄く、
ボリューム感を感じにくい個体です。

美形コンテストでは評価が低いと思いますが、個人的には気に入っています。


父親譲りの美肌個体で、70mm台の個体で良く見掛ける
 “無理のない羽化”?? だったのか・・・・?
と思えるような所に期待しています。


このラインは飼育数が少なく、オスで羽化したのは、この1頭のみなのが
残念なところ・・・・・

ん-、ラインの優劣は判断しかねるところですが、先程、里子先から
2頭の羽化報告を頂き、何と 2頭共86UPしたとの事です!



♀親のSR1701ラインも優秀でしたので、案外当たりラインかも?
と親バカが更に期待を膨らませています。(笑




・・・・・・・

以上が簡単な羽化報告と、来期種オスのご紹介です。

飼育数を徐々に減らそうと思っているのですが、こんな風に次々種親を増やすと
絞り込みが大変そうです・・・・




さて、来週からはもう2本目菌糸詰めに追われるようになりますので、
ほんとにゆっくりできないですね(笑

それではまた。
さようなら!