2022年7月6日水曜日

今度は大阪へ転勤になりました。

だいぶ投稿間隔が空いてしまいましたが、やっと落ち着いたので近況報告です。
実は、2月に会社から内示が有り、急遽大阪転勤が決まりました。 
松山の工事竣工でバタバタの中、業務引き継ぎを終わらせ、部屋探しから
引っ越しとなかなかハードでした。

趣味のオオクワもペアリングから 採卵菌糸詰めなど、
こちらも忙しさピークでしたので、本当に一杯一杯・・・・・

ブリードはどうするか悩んだ結果、
大阪にも簡易的にブリードスペースを設け、昨年の幼虫は高松で、
2022シーズン幼虫から大阪で飼育することにしました。

大阪の飼育スペースは賃貸なので、できるだけ内装を痛めないようにと、
壁はルミナスラックの支柱を天井に突っ張り、結束線で桟木を結び、
スタイロフォームをビス固定しています。↓




出入り口は、開き戸にすると強度も必要ですし高価なので、
当初は「カーテンでいいや」と考えていました。

いざ作り始めると、壁が予想外にうまく収まったため、せっかくなら断熱性重視し
いつも作っている「温室の蓋」の要領でやってみることにしました。

スタイロ板を加工し、はめ込み式にしてあります。
下から差し込む感じで閉めると、上端が引っかかるような形状にしていますので、
倒れることはありませんし、気密性も良好です。


下から差し込み扉上端の凸部を引っかけるにして閉めます。
サイドもつば付きにして嵌まり込まないようになっています。



簡単で効果的な開口部だと思いますので、同様な開口部を検討中でしたら
参考にしてみてください。

賃貸住宅なので、隣に住戸があるためか案外室温は安定しており、
高松のブリードルームよりエアコンの起動頻度が少ないようです。
まあ、あっちは木造住宅で西日がモロに当たる外壁側に作りましたので、
もともと厳しい条件ではありますが・・・

今まで菌糸の劣化が早かったので、最近は4本で羽化させていましたが、
大阪では3本でも大丈夫かも知れません。



肝心の飼育状況ですが、2021シーズンの幼虫は1本目の酸欠が響いて
小さな個体が多く、アベレージはだいぶ低くなっています。(管理表参照)

ただし、酸欠の影響を受けなかった個体の中には、大型の幼虫もいますので、
その中から大きいのを期待しています。
今年は蛹化促進温度をMAX25℃にしましたので、幸いにも暴れが少なく、
羽化ボトルの環境は良好のようです。

先週末帰った際に確認すると、メスは大部分羽化しており、オスも早いのは
羽化が始まっていました。

40gUPの幼虫も2頭ほど羽化してましたので、測定が楽しみです。
大型オスの羽化は、7月初旬がピークになりそうな感じでした。

7月の連休にはまた帰りますので、羽化傾向はだいたい分かると思います。



一方、2022シーズンの幼虫採りですが・・・・

こちらなかなか苦戦しておりまして、もういい加減に諦めました(笑

まず、89.5mm(2015)の種がダメなようで、全く掛かりませんでした。

期待の91.6mm(2006)も、欲張って数多く掛けたため、同居日数が少なくなり、
産卵数が少ないような感じがします。
1泊2日で終わらせたメスもいましたので、種が切れるんでしょうね。
途中から無精卵に変わってしまう個体が多かったです。

又、産卵セット中に引っ越しがあったため、引っ越し後に休眠してしまい、
産まなくなったメスも続出です・・・

補強したメスや有望ラインの早期メスからはほとんど取れず、
史上最悪の採卵シーズンとなりました。

サブ的なメスからも採卵し数合わせを試みましたが、思い通りに行かず、
全体的にはかなり少ない数でのスタートです。

幼虫余品のお問合せも何件かいただきましたが、ご期待に添えず
申し訳ございませんでした。

まあ、仕事も忙しいので、ちょうど良かったのかもと自分に言い聞かせております。





最後に、ブリードには全く関係ありませんが、ご紹介させていただきます。

高知に帰省道中にある徳島県阿南市の喫茶店、
こだわりの外観がなかなか「映える」ので撮影してきました。

オーナーのセルフビルドだそうで、裏に工房があり、まだ増築中のようでした。


「大菩薩峠」という店名です。 看板はほとんどありませんが・・・




レンガに伝う蔦が雰囲気抜群ですね。

思った以上に奥行きがあり、規模も大きかったです。









すでにそう呼ばれているかもしれませんが、
徳島の「サグラダ・ファミリア」ですね(笑
今後も注目しておきます。

今回は食べなかったですが、後で調べると
メニューはハンバーグが美味しいらしいです。


それでは今回はこれで失礼します。




2022年1月4日火曜日

阿佐海岸鉄道 DMV

 あけましておめでとうございます!

昨年はブログもあまり更新出来ずに終わってしまいましたが、

今年はもう少しだけ頑張ってみたいと思います。


年末年始は高知の実家に帰省し、DMV(デュアルモードビークル)なる

乗り物に乗ってきました。

DMVとは、鉄道と道路の両方を走ることが出来る車両で、詳しくは

阿佐海岸鉄道 DMVとは をご覧下さい。

DMV車両


こちら、営業運行は世界初とのことで、こんな田舎で??と驚きましたが、

乗り換える必要が無いので便利ですし、確かに田舎では効率的だと納得しました。

ただ、あまりにも人口が少ないエリアですし、コロナも長引きそうなので、

営業が成り立つかちょっと心配ですが・・・


乗り心地は道路では、バスそのものですし、

鉄道では、のんびり走るディーゼル列車で、違和感はありません。

モードチェンジは、乗ったまま数十秒で切り替わりますので、

時間ロスもほとんど発生しません。


鉄道に入る手前 モードチェンジ中


鉄道に入る前のチェンジは、「モードチェンジ スタート」のアナウンス後、

太鼓の音楽が流れ、前輪側が持ち上がります。

レールのガイドになる車輪が出てきて誘導用線路に乗ったのだと思います。

完了すると「フィニッシュ!」の音声が流れ、車内に歓声が起こりました。(笑


車内は↓こんな感じで、ワンマンバスそのものです。

鉄道走行中

道路走行中



後部に鉄道走行用の鉄車輪が見えます。
なんと! トヨタマークが付いていました!!


運行ルートを見ると、地域の基幹病院への足として活躍しそうですね。

乗り物好きのお子様などは喜びそうですので、近くに出掛ける際は、

是非試乗してみて下さい。



さて、2021シーズンのオオクワブリードですが、

ちょっと「やらかした」感が漂っています・・・・

調子に乗って1本目少し固く詰めすぎたようで、成長不良が多く出ています。

すでにオスは3本目投入していますが、30g未満のが沢山出ました。

昨年ほどではありませんが、うちは少し高めの管理温度ですので、

もう成長終わっていると思います。


何年か前にも同様の失敗していますので、ほんと学習していませんねー

少し緩めのは正常に成長していますので、それらの中から

良いのが出てくれることを祈って、モチベーションを保つことにします。


そんな調子ですから、ついつい管理表を作成する手も進んでおりません・・・

何とか、今月中には更新したいと思います。


種虫の補強も出遅れていましたが、

先輩ブリーダー様から良い♀も融通して頂きました。



来シーズンこそ、失敗しない管理ができるようイメージ出来ておりますので、

頑張りたいと思います。

(毎年そう思ってますが、どっかでやらかすんですよね・・・)




最後におまけで、元旦に行った高知城のプロジェクションマッピングを貼っておきます。








以前は「チームラボ」のプロデュースでしたが、今回は「ネイキッドフラワーズ」です。

チームラボほど派手ではありませんが、工夫された演出が多く、今回の方が楽しめました。

期間が1月10日までと残り少ないですが、入場料も高くないのでお勧めです。




2021年9月5日日曜日

2020シーズン羽化報告

 単身赴任でなかなか整理が追いつきませんでしたが、

ようやく羽化結果がまとまりつつあります。

2020管理表


2020シーズンは、全体的には期待外れな結果となってしまいました。

残念ながら、飼育数の割に、大型が出ておりません・・・

前年の2019シーズンは、低めの温度で管理したせいか、成熟不足の印象がありましたので、

2020年は、かなり高めにし夏は26℃くらいまで上げ、積算温度を稼いでみました。

これは私がオオクワ始めた頃の温度で、当時はそれほど成功した感はありませんでしたが、

個体が大型化したので、フィットするかと試してみました。

結果は、残念ながらあまり良くなかった様子です・・・


オスは羽化にも至らず、蛹で死んでしまう個体が多かったです。

たぶん、老けすぎたのでしょうね。

そのためか、羽パカ個体は極端に少なかったです。


反面、メスは比較的綺麗に羽化してくれており、

例年、うちで多いメスの尻出個体はかなり減っています。

温度を上げたので、尻出が増えるかと懸念していましたが、

逆の結果になり意外でした。

まだまだ奧が深いですね。



ライン毎の主な状況ですが、

最も期待していた

■2003ライン♂89.6mm(SR1812)×51.2mm(SR1904 早期)

エースの♂と有力な早期♀の組み合わせでしたが、

期待したほどではなく、

88up・・・1頭

87up・・・3頭

86up・・・4頭




当たったラインのインライン配合

■2008ライン♂89.4mm(SR1824)×55.7mm(SR1824)

こちらはインラインのダメなパターンになり、★が多かったです。

インラインは時々こうなりますが、案外次の代で爆発したりしますので

面白いですね。




2018シーズンの優良ライン同士の配合

■2001ライン♂89.6mm(SR1812)×57.0mm(SR1824)

こちらも期待したほどでもありません。

88up・・・2頭

87up・・・1頭

86up・・・3頭



他も88、87クラスは少し羽化しているラインはありますが

全体的にあまり振るわず、80mmに満たない個体も多く出ております。




そんな中、比較的健闘したラインが、

■2015ライン♂90.0Bmm(SR1824)×51.9mm(SR1904 早期)

89up・・・1頭

88up・・・2頭

87up・・・3頭

86up・・・1頭

他に羽化後1週間で★になりましたが、91前後で固まりそうな個体も出ました。




最も大きな個体が羽化したラインは

■2006ライン♂89.6mm(SR1812)×53.4mm(SR1931 早期)

91up・・・1頭

88up・・・2頭

87up・・・2頭

86up・・・3頭

無事自己ベストの91upが羽化してくれました。

大型には積算温度高めも影響なかったのか、

逆に大型故にマッチしたのか分かりませんが

来期の有力な種親が確保できて、一安心です。




89upのみ撮影しましたので、アップしておきます。

♂89.5mm



本当はもう少し長かったのですが、右顎先端が欠けてしまいました。
細身の個体です。




このラインは下翅が収まりきらなかったB品♂を使用しましたが、
特段不全が多かった訳でなく、影響は無いようでした。

同じ♂を使った他のラインの結果からも、その影響はほとんど無さそうです。










♂91.6mm







幼虫時最大42gからの羽化になります。

欲張れば、顎がもう少し素直に伸びていればと思うところもありますが、
頭幅が32mm以上あり、迫力がある個体だと思います。

以上が羽化報告です。




今年は羽化写真が少ないため、
恒例の巨木写真をUPしておきます。

冬に訪問した三木町の熊野神社二本杉です。




木の大きさが分かるように、例によってモデル入りです(笑

鳥居のように並ぶ2本の杉は、県の天然記念物に指定されております。

通常、根元の土が締まり過ぎるのを嫌い、大きな木には柵がありますが、
ここは近くに寄ることが出来ます。








★おまけ★  昼食のラーメン

オオクワ採集の際、よく通っていた塩江「谷岡食堂」の中華そばです。

昔ながらの「ザ・食堂のラーメン」という感じで、

昔からのファンが多く、年配のお客様で混んでいます。

その系統がお好みの方は、近くを訪問の際是非お試し下さい。




2021年5月5日水曜日

管理表を更新しました。

 今年のゴールデンウイークもコロナの影響で帰省は取りやめ、息子達も帰れず、

寂しい連休となりました。

そんな中、息抜きに妻と愛犬を連れ、1日だけ県内のお寺参りに行ってきました。

弘法大師空海生誕の地、善通寺周辺のお寺を巡る「7ヵ所参り」です。


このゴールデンウイークは、手水舎を花で飾るイベントもあり、綺麗でしたので

ご紹介します。







このようにそれぞれのお寺の手水舎を花で飾ってあり、豪華でした。



ここからは、余計なモデル入りでご容赦下さい(笑




71番弥谷寺は険しい山にあり、趣がありました。






空海ゆかりの75番善通寺には大好物の巨木(楠)もありました(笑





最後はお決まりの夕日のビーチ。

愛犬は波が怖い様子で、しっぽ巻いて震えてました(笑


朝ゆっくり出て日没まで、近所なのでのんびり楽しむことが出来ました。
コロナ渦なので気がついた「意外な楽しみ方」ですね。

71番のような山岳寺院は、自然の岩と寺院建築を融合させた美しい造形がとても魅力的です。

残念ながらクライマックスの大師堂、奥の院は撮影出来ませんでしたが、
香川には四国霊場88ヵ所以外で、小豆島にそのような山岳寺院が多くあります。

岩壁との素晴らしいコラボを、今度機会ありましたらご紹介致します。




さて、本題の2020シーズン管理表ですが、仕事に追われ、
なかなか更新出来ていませんでした。

この連休を使ってようやく更新はしましたが、すでに暴れて5本目に突入したのが
沢山出ています。(笑

(スペースの都合で一覧表は4本目までしか記入していません。)

相変わらず我が家では半数以上暴れていますので、何か至らぬ点があるのは間違いないと思います。

9年やってもそれを解明できていない未熟者です(笑
いやあ、羽化ボトルは難しいですね・・・・


幼虫体重については今年少し重めかなと思っていましたが、結局例年並みに落ち着いている感じです。

あとは、一発大きいのが羽化してくれないか祈るのみです。




2021シーズンは、単身赴任という環境で、忙しい投入時期を上手く乗り切れるか
不安だらけの中、少し♀の数を抑えてスタートしています。

設備面でもプレスマシンを新調しました。



おなじみ三階松さんのマシンです。

これで3台目のマシンになりますので、
我ながら、なかなかのハードユーザーだと思います。(笑

使い方が荒いので、念のため自前で支柱を溶接補強しました。



G-potの空PPボトルも多く使うようになったので、専用のアタッチメントも付けてもらい、
ガイドパイプは、SU管で自作しました。

ピッタリフィットしましたので、これであのPPボトルもワンプレス出来そうです。

ワンプレスに慣れると、それ以外我慢できないですね。
もうやめられないです。(笑