2018年9月17日月曜日

2017シーズン羽化個体

我が家の愛犬用にペット用バリカンを購入してみました。
アマゾンで3千円くらいの安物なので、銭を捨てるつもりで試しましたが、
一応  初回は 使えました(笑

人間用だと細い犬の毛が切れなく、いつもハサミで手間が掛かっていたため
これは嬉しい誤算です。

ちょっと時期外れですが、サマーカットのつもりで短くしてみました。













カット前の写真が無いので、分かりにくいとは思いますが、
ロングコートのチワワでなく、少し柴犬に近づいたような・・・???

なんだか子犬の頃に戻ったみたいで、案外気に入っています。


少し耳回りが不自然なので、今度はスキばさみをうまく使ってみたいと思います。

次回からの課題ですね。(笑









さて、

ブリード状況ですが、幼虫はかなり粘ったかいがあり、沢山採れてます。

早期♀の中には温度環境の変化からか、冬眠モード?に入り、
なかなか産卵始めない個体が数頭居ました。

中には2ヶ月餌もほとんど食べずじっとしている個体も・・・・
そのうち産むんですが、ほんと困ったもんですねえ・・・



何とか順調なスタートを切ったかに見えたんですが、8月下旬に何と
エアコンが故障するという大事件が・・・・

残暑の中ブリードルームは29度近くまで上がり、大慌てです!!

やっぱり、サーモの頻繁な入り切りが堪えたのか???
4年目なのでちょっと早いような・・・・

ほんと、幼虫にとって加齢中の大事な時なのに・・・・トホホ です。


復旧まで5日間の高温と、エアコン工事による移動などで、
18年ブリードは、ちょっと不安のスタートとなりました。








そんなこんなで、羽化個体の整理が遅れておりましたが、
やっと先週終了しました。

管理表もほぼ埋まり、空欄はほぼセミです。(笑

以前ご報告させて頂いた通り、3本目半分以上は暴れてしまい、
見かねてマットにも入れましたが、それらはの多くは不全や小さな個体となってしまいました。

反面、暴れなくて羽化した個体は、昨年同様完品率は高く、サイズも良い個体が出ております。




羽化個体、最初はYGからです。

YGはあまり大きな個体が出ませんで、最大はTigaさんからの幼虫から出ました。
うちの2015年 J2ラインのインライン配合です。

  ↑YG1732ライン87.9mm 
                        86.1mm(2015 J2)×56.8mm(2015 J2)
                      (Tiga氏2017年4番ライン里子)

残念ながら右顎が湾曲しており、3点接触では88UPとはなりませんでした。











次にSRから、綺麗な個体が出ています。




    ↑SR1705ライン 88.4mm

SRらしい細身のボディです。

ディンプルが無く、綺麗な肌をしており、顎も比較的素直なので、
サイズはさほどではありませんが、気に入っている個体です。











SRでは、もう1頭

訳ありで汚い個体ですが・・・・・













顎と上羽の長さが左右違いまして、上羽に気泡が出来てしまいました。

右顎は90mm近くありますが、3点で89.3mm前後
羽ズレが有るので、89.1mm管理にしました。



羽が汚いので、種親にするか迷いましたが、良いサイズなので、候補に残しております。

















その他に、能勢産でも良い個体が羽化しております。
  ↑N1704ライン 89.1mm
少し先端が湾曲気味ですが、立派な顎で体も比較的綺麗です。

このラインは、我が家で最も期待していた能勢産の早期♀55.0mmに
ヒナマックスさんのSR88.3mmを種付けして頂きました。


大型が最も多く出たラインで他にも88.0mmや、
後に死んでしまいましたが90.0mmBなども羽化しました。


↑ 同腹88.0mm



↑ 同腹90.0Bmm(1ヶ月で★ 写真は死虫です。生存時、上羽ほぼ閉じてましたが・・・)













能勢産でもう1頭良いのが出ています。

  ↑N1711ライン 89.4mm

こちらはSRとYG866系の掛け合わせです。
顎は比較的真っ直ぐで、体全体のバランスが良い個体だと思います。
















最後、またまたB品で派手に開いていますが、
顎が好きで、種親予定の個体をご紹介します。

お見苦しい点はご了承下さい。



↑N1712ライン 90.5mmB品

こちらのラインはSG血統確立前にshima氏から譲って頂いた
能勢産からのインライン配合です。

頭幅はそれほど無い割に顎が立派で、内歯上にグッと上がった後、
内側に鋭く曲がっており、なかなか格好いいんです。

写真では伝わりにくいですが、
先日、実物を見て頂いた ginko15さん も驚いておられました。

実はこの親も同じような顎をしていましたので、見事に受け継いでくれたようです。
次世代では完品で仕上げたいですねえ・・・(笑





以上が主な大型個体です。
今年は汚い個体が多くなってしまい大変失礼しました。

来年は改善できるよう、特に3本目劣化させない管理を心掛けたいと思います。


2018年8月15日水曜日

クワガタ採りはやっぱり楽しいですね。

もうお盆休みも終わろうとしているのに、幼虫投入してたり、掘り出しも途中で
大幅にクワ作業の方が遅れております・・・・トホホ


気になる結果ですが、

大きいオスは仮測定しておりますので、大体の結果は把握しています。
やはり、3本目管理の失敗から不全が多くなってしまいました。

昨年ほどの特大個体は出ていませんが、
頑張って良いサイズで羽化してくれた個体もいますので、
次回ご紹介したいと思います。


今年は、測定値を紙に記入する手間を省き、直接データー入力しています。

そのおかげで、幼虫管理表はリアルタイム更新になりました。(笑
時々覗いて頂くと、更新されていると思います。







さて、クワ作業の遅れで気は焦っていますが、
夏のイベントは、家族サービスとして一通り楽しんでおります。



高松に来たパフォーマー










坂出沖に尺玉50発上がりました。


すぐ上の写真は、隣の 坂出市花火大会 です。

瀬戸大橋開通30周年記念との事で、今年は中四国最大1万5千発規模で開催されました。



打上げ数の宣伝効果は絶大で、例年よりかなり混雑していましたが、

内容は????


ちょっと疑問符付きました(笑



まず、打上げ数。
1時間の打上げであの密度では、せいぜい5~6千発では???
つまり例年と同じ規模くらいにしか感じませんでした。




次に演出。
微妙に間を空けてダラダラ打つのはやめて欲しい・・・・

メリハリを付けないと、ねえ。

最後のフィナーレも盛り上がりに欠け、
皆フィナーレと気付かず、期待して待ち続けるうち、

終了のアナウンスが・・・・

っていう残念な事態になっていました。


フィナーレのスターマインと尺玉


花火大会は大好きで、関東近郊、関西、四国の有名な花火大会を見てきましたが、
拍手と歓声が全くなかった花火大会は、初めて経験しました。(笑

坂出市さん、煙火店さん
来年は是非挽回して下さい!




ちなみに、今まで見た中で最も良かった花火大会は、

江戸川区市川市花火大会 です。

歴史ある 鍵屋 さんの花火演出は、メリハリがあり見事でした。

何秒かは忘れましたが
当時、単位時間当たりの打上げ数日本一と言われていたように記憶しています。
一気(同時?)に打ち上げるワイドなスターマインは開いた口がふさがらない???

大玉が上がらないので、その分保安距離が短く、目の前で見ることができます。
(逆に大玉ではないため、近くでないと良さが伝わりにくいですが・・・)

特に市川側から見ると花火が川面に映り迫力が増しますので、お勧めですね。




まだ花火どころといわれる地域の有名な大会は見たことがないので、
いつかは長岡や諏訪湖の花火も見に行きたいです。

でも、行けるのは仕事引退してからかな??






お盆は実家の高知に帰ったのですが、
帰る前に甥っ子から電話があり、カブトとクワガタが欲しいとの事でした。


優先順位は、

 1番カブト虫  
 2番ノコギリクワガタ  
 3番ヒラタクワガタ

やはり、おとなしいオオクワガタは人気薄です。(笑



カブトは庭先で勝手に繁殖しているのですが、時期的にちょっと遅いみたいで、
もう死骸ばかり・・・・

山と違い、気温が高いのと栄養状態が良いので、庭のは早く羽化するようですね。


ただ、先月たまたま部屋に飛んできた1頭がとても大きかったので、
ブリードルームにキープしており、まだ生きているようです。


綺麗な個体です。
ブリードでもなかなか羽化しないサイズでした。

カブトはこれを連れて行けば良し!

あとは、山行くか って事で、
帰省直前に、山に行ってきました。


たまにはフィールド写真もUPしなければ・・・

とも思っていたので、少しばかり撮った写真をご紹介します。





1年ぶりの採集でしかも猛暑。

短期勝負を決め、虫の多そうなエリアを選びました。



こんな竹藪ですが・・・・・

最初の樹液木に

いきなり居ました!




本命カブト!

でもメスしか居ませんのでスルーですね。



他にはコクワ。

こちらは、ペアで仲良くしてました。





そして、
雑木林エリアに入ると、虫も濃くなってきます・・・・







このエリアの代表的な木を覗くと、

早速やりました!



リクエストの ノコギリ発見!


珍しく、捲れの奧に隠れていました。


そして同じ木をチェックしていると、

何やら大きな虫が隠れているではないですか!







ライトを消し、少し体勢を整えカメラの準備をしながら・・・



ワクワク、ドキドキ・・・・



この瞬間がたまりませんねー(笑


もしかして大型ヒラタか???


まあ、オオクワガタも居ない場所ではないですが・・・・















ライトを付け、再確認すると・・・




んん?












やっぱりヒラタっぽい。



尻をつついて顎を確認!





おお!


立派なヒラタの顎!




いやーあっさりリクエストクリア!!




せっかくなので取り出し前にこっち向かせ、記念撮影!






手のひらに載せると、なかなかのグッドサイズ!


サイズは66mmもあり、過去採集した中でも1・2を争うほどの個体でした。

形状もバランスが良くて綺麗なので、ブリードしたいくらいです。(笑









すっかり気分が良くなり、暑さも忘れ、更に奧の木をチェックすると、

何やら色の違う個体が隠れていました!









そう、ミヤマですね。

このエリア、香川においてはオオクワガタが比較的多いエリアと
ミヤマが採れ始める境目あたりに位置しています。

ミヤマはリクエストにありませんでしたが、一応キープしました。






同じ木の捲れには、さっきより少し立派なノコギリも・・・


雨が少なく、樹液の出が悪いためか、
この日は、ミヤマやノコも捲れの中に居る個体ばかりでしたね。

この周辺に採集に入り始めて7年目になりますが、
当初真っ盛りのA級樹液木は、ピークを過ぎ、枯れる直前であったり、
すでに倒木となり、幼虫を育んでいたり・・・

又、竹が少し勢力を拡大した場所に気付いたりと
森の変化スピードが少し理解できるようになりました。





・・・さてと、
これで十分役者は揃いましたので、
帰省土産を購入するため、早々に退散しました。






スズメバチも全くおらず、結果も良好で
快適な採集を楽しみました!



やっぱり夏は、

樹液の臭いムンムンの採集行っとかないと!

ってやつですね。(笑

  ※地主様 入山許可どうもありがとうございました。

   






2018年5月8日火曜日

2017ブリードはダメみたいです。

今年のゴールデンウイークは高知帰省をやめ、のんびりと過ごしたせいか
あっという間に終わった感じです。

下の子も大学生となり、関西から帰るなり

「香川のうどんが食べたい!」(笑

せっかくなので、地元民はなかなか行かない有名店へ出掛けました。

朝ご飯抜いて、開店直前を狙いましたが、
さすがGW、かなり先客がいらっしゃいました。



開店直後の様子 ↑


1時間待ったご褒美のうどんは、相変わらず見事な出来でした!

ここ「おか泉」さんはとにかく冷たい麺が絶品です。

麺の表面の水分量と、芯の水分量の差が他のうどん屋さんに比べ大きく感じ、
独特のねばり腰が堪能できます。


この秘密は何でしょう??

粉や打ち方もあるでしょうが、
私の勝手な想像で、蒸気釜で高温を保ったまま茹でているのが大きいのでは?
と思っております。



メニューは、
↓こちらの「冷や天おろし」が有名ですが、
冷や天おろし




こちら↓ エビ1本とレモンが少ない「ぶっかけ天ぷら」でも十分満足できます。
ぶっかけ天ぷら


(ちなみに温かいうどんでは、ここまで 並ぶ 価値 は感じにくいと思われますので、
    冷たいメニューを強くお勧め致します。)



さて、満足して店を出た頃には、なんと2時間待ち!

大勢の人の前で写真を撮る勇気がなく、撮影してませんが、
ディズニーランドのような行列になっていました。(笑







食後は高松市に出来た新しい公園「あじ竜王山公園」

有名じゃないので、GWでものんびりしています。
アート作品が多数有り、景色もほぼ360°展望が開け、綺麗な公園でした。


ただ、山頂に有り、雨の少ない香川です。

芝の管理大変そう・・・・・

アート作品が点在


芝生が気持ち良い!





ありんこ見つっけ!!











前置き長くなりましたが、ブリードの話題です。

まず、2017シーズン幼虫の状況ですが、
前回キノコ生やしてやや不安な経過とお伝えしました・・・・



こんなことになっています!



んー、やっぱり やらかしてしまいました(笑


一昨年までと同様、暴れのオンパレード!

85%~90%くらいのオスが暴れています・・・

ほとんどが蓋裏に上がってきていますので、劣化で酸欠気味なんでしょうか?

混ぜた菌糸も乾燥気味で一向に蛹室を作る気配が無いので、
期待の個体はいくらかマットに救出しております。


さすがに5g~8gくらいダイエットしていますので、
88UPは難しいでしょう。

でも、87mm台の綺麗な個体なら出るかも知れませんので、
期待して羽化を待つことにします(笑





ほんと、3本目管理は全く上達していませんねー

2本目までは、成績が良かった昨年同様の管理でしたが、
今年は更に欲をかいて、3本目を少し変更しました。

具体的には

 ①3本目でも大きくしてスイッチ入れようと、交換時期を2週間ほど前倒し

 ②急な昇温はスイッチが入りにくかったので、昇温をゆっくり

 ③ルーム内の温度を出来るだけ均一にしようとサーキュレーターの風量UP

結局、どれも裏目に出た感じがします。




西面外壁に設けた、小さなブリードルームの大きな温度変化 を克服するには
まだまだだったようです。




しかし、何年も初級レベルのままでは居られません。
しっかり対策を練り、2018シーズンは区切りの年にしたいと思います。








2018シーズンブリードの方は、
管理を失敗しなければ、レコードも夢ではないような幼虫が採れそうです。


先月、早めにペアリングを済ませた通常羽化♀を、お試しセットしたところ、
♂ツートップのうち、

89.5mmは早々に種確認出来ました!

一方、
90.0mmは♀2頭卵無し空砲・・・・




かなり焦りましたが、何とか3頭目で無事有精卵確認!

その卵が先日元気に孵化してくれました!



やっぱり初令幼虫見るとやる気が沸いてきますね。




そんな経緯なので、90mmの方は少しペアリング遅れ気味です。

休みなく、ガンガンやらせてますので、

最後まで体力保ってくれー!」

今はそれを祈るばかりです。






2018年4月2日月曜日

さぬき空港公園の桜



4月1日は息子の大学入学式でした。
参加していませんが、快晴の下、桜満開で絶好の日和だったようです。

ほんと、子供の成長はあっという間ですね。


そういえば、クワガタにハマったのも息子の
「香川にはオオクワガタがいるらしい」
の一言からでした。


昔の記事を振り返ると幼い頃の写真があり、
それらを見ると、逆にブログも長く続いてるなと我ながら驚いております。


ただ、更新ペースは極端に落ちましたが・・・・






ブリードの方は、昇温も終盤にさしかかり、まもなくMAX温度の予定です。
昨年は急激に上げすぎたので、少しゆっくりめで・・・・・

気掛かりは、サーキュレーターを新調し、勢いよく風を当てすぎたせいで、
側面にキノコをたくさん生やしてしまいました(泣

ちょっと菌糸劣化気味ですが、どうでしょうか・・・・

今の所、暴れはありませんが、これからが心配です。




18年シーズンの準備も進めておりますが、
餌食いが悪い個体も多く、前途多難といった感じです。


ご紹介しておりませんでしたが、有力な♀も補強しました。










幸いオスは、うちでも良いのがたくさん出ましたので、補強見送りです。

今度のシーズンはSRのラインが増えそうですね。












さて、ここ香川はこのところ急に暖かくなったせいで、桜も一気に満開のようです。

今年の桜は多くの品種が同時に見頃となり、一際きれいですね。

このあたりは山桜も多く、里の「ソメイヨシノ」のバックに山の「山桜」

仕事中、車窓からの景色は豪華絢爛です。

気になって仕方なく、時間が出来れば桜を見に行かずには居られません(笑


昨年は穴場の 河川敷ポイント をご紹介しましたが、
今年は割と定番スポットへ行ってきました。







香川では、公渕森林公園が有名なんですが、

ここ さぬき空港公園 も近年人気のポイントです。













かなり広いエリアに、サクラの木が点在していますので、土曜日なのに案外ゆったりしています。


濃いピンクの花など、異なる種類の桜も今年は同時に満開でした!














昨年の河川敷ほどではありませんが、桜密度の濃いエリアもあり、

高い場所から見ると、まるで雲海の様でした。











さらに、程良い大きさの紅しだれ桜の並木もあります。











ややピークは過ぎていましたが、樹勢の良さそうな木は風情ある樹形で

心を癒やしてくれました。






この木は今の髙松空港開港時に苗木を植樹したそうで、
樹齢は30年ちょっとでしょうか・・・

その程度の年月でこんなに立派になるとは、ちょっと驚きでした。

ここはさすがに見学者も多く、木の下でのんびりお弁当という訳には行きませんね(笑






という訳で、この公園、写真で比べると昨年の場所には見劣りしますが、
まだまだ若い木ばかりで種類も豊富です。

今後はかなり期待出来るでしょう。

あと20年経てば、香川一の桜名所になるのでは?? なんて感じました。